確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

勘定科目仕訳帳

習い事教室

自宅兼教室の水道料金を支払った場合勘定科目と仕訳例(個人事業の習い事教室)

自宅で習い事教室を営む個人事業主が自宅兼教室の水道料金を支払った場合の勘定科目と仕訳例。

スポンサーリンク

自宅兼教室の水道料金を支払った場合勘定科目と仕訳例

自宅で習字教室をやっていて、水道料金を支払いましたがこれはどのように仕訳をしたらいいですか?
水道料金を支払った場合の勘定科目と仕訳について説明します。

内訳

  • 水道料金 10,000円(自宅:教室=9:1)

自宅兼教室の水道料金を支払った場合勘定科目と仕訳例

借方科目 金額   貸方科目 金額
水道光熱費 1,000 現金 10,000
事業主貸 9,000    

水道料金のうち教室部分を水道光熱費で仕訳します。

やっぱり全額は経費にならないのですね?
電話代、電気代、ガス代、水道代のうちで経費になるのは教室で使った分だけになります。
ちょっとしか経費になりませんね…。

その他の勘定科目

習い事教室の水道料金の支払いは水道光熱費以外の勘定科目を使う事はありませんか?
水道光熱費以外はないですね。

その他の勘定科目

  • 水道光熱費以外は使われない。

類似取引

  • 電気料金、電気代
  • ガス料金、ガス代 など
スポンサーリンク

-習い事教室
-

Copyright© 勘定科目仕訳帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.