仮想通貨・暗号資産

仮想通貨・暗号資産を別の取引所に送金した手数料の勘定科目と仕訳例

法人でリップル(仮想通貨・暗号資産)を海外の取引所に送金した場合の勘定科目と仕訳例。

スポンサーリンク

仮想通貨・暗号資産を別の取引所に送金した手数料の勘定科目と仕訳例

法人で保有しているリップルを海外の取引所バイナンスに送金しましたがその時に手数料が引かれていました。これはどのように仕訳をしたらいいですか?
ビットコイン等の送金手数料を支払った場合の勘定科目と仕訳について説明します。

内訳

  • リップル送金額 1,000,000円
  • 送金手数料 リップル5枚(送金時の時価150円)

仮想通貨・暗号資産を別の取引所に送金した手数料の勘定科目と仕訳例

借方科目 金額   貸方科目 金額
支払手数料 150 暗号資産 150

ビットコインなどの仮想通貨・暗号資産を別の取引所に送金した時の送金手数料は支払手数料で仕訳します。

送金手数料は仮想通貨・暗号資産建で支払うことになるので、その支払った時の時価を支払手数料で仕訳します。考え方は通常の振込手数料と同じです。
あぁ、たしかに振込手数料と同じですよね。ただ、リップル建だと送金手数料を計算するのが大変そう…。
そうですよね。だから最近では仮想通貨の計算サービスが出ているので、こういったサービスを活用しないといちいち計算できないですよね。

無料の仮想通貨税金計算サービス

仮想通貨・暗号資産の税金を計算するサービスがあります。自動売買ツールなどを活用していて取引量が多い人はこういうサービスを活用した方が正しく損益を計算できますよ。

税理士も使う、完全無料の仮想通貨税金計算サービス【CRYPTACT(クリプタクト)】

その他の勘定科目

ビットコインなどの仮想通貨・暗号資産を別の取引所に送金した時の送金手数料は支払手数料以外の勘定科目を使う事はありませんか?
会社によっては支払手数料以外に通信費などで仕訳しているところがあります。

その他の勘定科目

  • 通信費
  • 雑費
スポンサーリンク

確定申告クラウドソフト人気ランキング

確定申告で毎年苦労している人はクラウド型会計ソフトがおすすめです。クラウド型が出だした頃は使い難かったですが、最近は操作性が向上して使いやすくなってきました。

本当は確定申告を税理士に頼む方が楽で良いですが、お金がかかりますし、だからと言って自分でつけるのは面倒だし…と、そういう人にクラウド型の会計ソフトはオススメですよ。

弥生会計

確定申告といえば弥生会計と言われるくらい人気があります。

どの会計ソフトを使ったらいいのかわからない!今の会計ソフトが使いにくい!

という人におすすめです。

ポイント

弥生のココがイチオシ!!

トータルプランだと

仕訳相談、確定申告相談、経理業務相談、電話メールサポートなどのサービスがセットになって、初年度は年間利用料が1万円!!!

セルフプランは初年度無料です。

マネーフォワード

マネーフォワードのクラウド会計です。

弥生会計に比べるとシェアが落ちますが、デザインが良いので若い人に人気があります。

freee

今は違いますが、2016年はクラウド型会計ソフトでシェアNo.1でした。2016年当時に比べると操作性が格段に良くなったので、昔使ってみて「使いにくい…」と思った人でも今使うと違う印象を受けるかもしれません。

-仮想通貨・暗号資産
-,

Copyright© 勘定科目仕訳帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.