確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

車をリースで契約した場合の勘定科目と仕訳(所有権移転外)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

車をリースにより契約した場合の勘定科目と仕訳。分割購入には主に割賦契約とリース契約がありますがここでは所有権移転外ファイナンスリース契約の仕訳について紹介します。

スポンサーリンク

車を所有権移転外リース(所有権移転外)で契約した場合の勘定科目と仕訳

車のリース契約(60回)をした。

  • 1回あたりリース料(うち利息部分1,000円) 25,000
  • リース料総額 1,500,000

リース契約時の勘定科目と仕訳例

借方 貸方
車両運搬具 1,440,000 長期未払金 1,500,000
長期前払費用 60,000

手数料(利息)部分は車両運搬具に含めても良いですが、長期前払費用の勘定科目で仕訳します。

リース料支払い時の勘定科目と仕訳例

借方 貸方
長期未払金 25,000 普通預金 25,000
支払利息 1,000 長期前払費用 1,000

所有権移転外ファイナンスリース契約(売買取引)についてはリース契約時に資産計上して減価償却処理します。なお、所有権移転外リース契約による資産はリース期間定額法で減価償却します。上記例では60回の定額法(24,000円/月)

リース料に含まれる利息部分は支払利息ではなく、支払手数料の勘定科目を使うところもあります。

なお、一定の要件を満たすリース契約の場合は、これまで通り「リース料/普通預金」でリース料支払時に経費処理することもできます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク




キーワード検索すると該当する取引の勘定科目や仕訳がヒットします。