確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

車をリースで契約した場合の勘定科目と仕訳(オペレーティングリース契約)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

車をリースにより契約した場合の勘定科目と仕訳。分割購入には主に割賦契約とリース契約がありますが、ここではオペレーティングリース契約(賃貸借契約)の仕訳について紹介します。

スポンサーリンク

車をリースで契約した場合の勘定科目と仕訳

車のリース契約(60回)をした。

  • 1回あたりリース料(うち利息部分1,000円) 25,000
  • リース料総額 1,500,000

リース契約時の勘定科目と仕訳例

借方 貸方
仕訳なし

オペレーティングリース契約の場合は、リース契約時に仕訳の必要はありません。

リース料支払い時の勘定科目と仕訳例

借方 貸方
リース料 25,000 普通預金 25,000

ファイナンスリース以外のリース契約(オペレーティングリース契約)については、リース料を支払ったときに費用処理します。なお、解約不能期間における未経過リース料を注記しなければいけません。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク




キーワード検索すると該当する取引の勘定科目や仕訳がヒットします。