確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自己所有の車を売ったときの勘定科目と仕訳。

スポンサーリンク

車を売った場合の勘定科目と仕訳(売却益が出る場合)

下記内容で車を売却した。

  • 車両売却価額(帳簿価額100,000円) 500,000
  • リサイクル処理費(該当する差入保証金5,000円) 5,000

車を売った場合の勘定科目と仕訳例(売却益が出る場合)

借方 貸方
現金 500,000 車両運搬具 100,000
支払手数料 5,000 固定資産売却益 400,000
差入保証金 5,000

帳簿価額100,000円の車を500,000円で売却すると400,000円の固定資産売却益が発生します。リサイクル処理費は車購入時に支払っており、当該金額を資産計上(差入保証金)しているため取崩処理します。

車を売った場合の勘定科目と仕訳(売却損が出る場合)

下記内容で車を売却した。

  • 車両売却価格(帳簿価額600,000円) 500,000
  • リサイクル処理費(該当する差入保証金5,000円) 5,000

車を売った場合の勘定科目と仕訳例(売却損が出る場合)

借方 貸方
現金 500,000 車両運搬具 600,000
固定資産売却損 10,000 差入保証金 5,000
支払手数料 5,000

帳簿価額100,000円の車を500,000円で売却すると400,000円の固定資産売却益が発生します。リサイクル処理費は車購入時に支払っており、当該金額を資産計上(差入保証金)しているため取崩処理します。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク




キーワード検索すると該当する取引の勘定科目や仕訳がヒットします。