確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

カーシェアリングの勘定科目と仕訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カーシェアリングを契約、又は利用したときの勘定科目と仕訳。

スポンサーリンク

カーシェアリング契約をした勘定科目と仕訳

下記内容でカーシェアリングの契約をした。

  • 契約金(内50,000円返還される) 100,000
  • 年会費 100,000

カーシェアリング契約をした仕訳例と勘定科目

借方 貸方
差入保証金 100,000 普通預金 200,000
諸会費 100,000

契約金のうち返還される部分は差入保証金、変換されない部分は諸会費で仕訳します。

その他の勘定科目

年会費は諸会費の他、次の勘定科目が使われています。

  • 車両関係費 など

カーシェアリングを利用した仕訳と勘定科目

下記内容でカーシェアリングの契約をした。

  • カーシェアリング利用料 2,000

カーシェアリングを利用した仕訳例と勘定科目

借方 貸方
賃借料 2,000 普通預金 2,000

カーシェアリングの料金は賃借料の勘定科目で仕訳します。

その他の勘定科目

カーシェアリングの料金は賃借料の他、次の勘定科目が使われています。

  • 車両関係費 など
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク




キーワード検索すると該当する取引の勘定科目や仕訳がヒットします。