確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

車を修理した勘定科目と仕訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

事故等により車を修理した時の仕訳。自動車保険の保険金がある場合と無い場合の勘定科目と仕訳。

スポンサーリンク

車を修理した勘定科目と仕訳

下記内容で車を修理したときの勘定科目と仕訳。

  • 修理代金 200,000

車を修理した勘定科目と仕訳

借方 貸方
修繕費 200,000 普通預金 200,000

車の事故による修理費用は修繕費の勘定科目で仕訳します。

車を修理した勘定科目と仕訳例(自動車保険使用)

自動車保険で自己負担が50,000円になった場合の仕訳と勘定科目。

借方 貸方
修繕費 200,000 普通預金 50,000
雑収入 150,000

自動車保険会社から支払われる保険金は雑収入の勘定科目で仕訳します。なお、この雑収入を修繕費と相殺して修繕費50,000/普通預金50,000で仕訳するところもあります。

その他の勘定科目

自動車の修理代金は修繕費の他、次の勘定科目が使われています。

  • 車両関係費 など
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク