確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

勘定科目仕訳帳

車両関係

車検を受けた勘定科目と仕訳

車の定期的な車検を受けた時の勘定科目と仕訳。

スポンサーリンク

車検を受けた勘定科目と仕訳

下記内容で車検を受けたときの勘定科目と仕訳。

  • 基本料金(手数料) 20,000
  • 修理代 30,000
  • 自賠責保険 24,000
  • 自動車重量税 10,000
  • 収入印紙 1,000
  • 代車使用料 2,000

車検を受けた勘定科目と仕訳例

借方 貸方
支払手数料 20,000 普通預金 87,000
修繕費 30,000
支払保険料 24,000
租税公課 11,000
賃借料 2,000

基本料金は支払手数料、修理代は修繕費、自賠責保険は支払保険料、自動車重量税と収入印紙は租税公課、代車使用料は賃借料の勘定科目で仕訳します。

その他の勘定科目

車検費用は上記の勘定科目の他、次の勘定科目が使われています。

  • 支払手数料、修繕費、賃借料 → 車両関係費
スポンサーリンク

-車両関係
-, , , , ,

Copyright© 勘定科目仕訳帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.