確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

国税庁の確定申告作成コーナーで所得税の確定申告書を作成する場合には必ず事前に必要書類を確認しましょう。

確定申告で必要になる書類の一例

  • 給料がある人:源泉徴収票
  • 年金がある人:年金の源泉徴収票
  • 生命保険などの解約や満期があった人:源泉徴収票や支払通知書等
  • 社会保険料の控除証明書(年末調整で使った控除証明書は必要なし)
  • 生命保険料の控除証明書(年末調整で使った控除証明書は必要なし)
  • 地震保険料の控除証明書(年末調整で使った控除証明書は必要なし)
  • 寄付金がある人:証明書や受領証など
  • 住宅ローン控除がある人:売買契約書や全部履歴事項証明書など
  • 株の確定申告をする人:年間取引報告書など
  • 医療費控除をする人:医療費の領収証等
  • その他

この他にも必要書類がありますが、入力の途中で書類が無いために頓挫してしまわないように必要書類はしっかりと準備しておきましょう。

書類を紛失してしまったらすぐに再発行手続きをしましょう。

よく源泉徴収票などを紛失してしまう人がいるようですが、確定申告で必要になるので必ず再発行手続きをしましょう。

再発行までにある程度時間がかかるので、日の余裕を持って確認した方がいいと思います。ものによっては再発行までに1週間以上かかるものもあります。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク




キーワード検索すると該当する取引の勘定科目や仕訳がヒットします。