確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

国税庁の確定申告書作成コーナーの入力方法の選択では下記を選ぶことになります。

  • 給与・年金の方
  • 左記以外の所得のある方

確定申告書の種類の選択(AとB)になります。

給与や年金のみの人は左側(給与・年金の方)で良いと思いますが、わからない場合は右側(左記以外の所得のある方)にしましょう。

本当は右側(左記以外の所得のある方)で作成しないといけないのに、間違えて左側(給与・年金の方)で作成してしまった場合、後で「あ、必要なのに入力できない…」ということになるので、どっちにしたらいいのか分からない人は右側(左記以外の所得のある方)で作った方が無難だと思います。

右側は全所得対応なので後で入力項目が足りないということは無いはずです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク




キーワード検索すると該当する取引の勘定科目や仕訳がヒットします。