確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

2箇所で給与がある人の確定申告 国税庁確定申告書等作成コーナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2か所以上で給料を受取っている人が国税庁ホームページにある確定申告書等作成コーナーで確定申告書を作成をする場合の手順は次の通りです。

2箇所給与の確定申告 国税庁確定申告書等作成コーナー

必要書類

職場から貰った源泉徴収票

源泉徴収票を無くした場合は確定申告ができないので、紛失した人は再発行を依頼しましょう。

ステップ1 国税庁確定申告書等作成コーナートップページ

まずは国税庁の確定申告書等作成コーナーにいき、作成開始のバナーをクリックします。

ステップ2 e-Taxか書面提出を選択

マイナンバーカードやIDを持っている人はe-Taxで出来ますが、とりあえずここでは書面提出で進めて行きます。

ステップ3 パソコン利用環境の確認

パソコンの利用環境の確認画面がでます。

国税庁が動作確認をしているものになるので、できればこれに合致するパソコンの方がいいと思います。

ステップ4 作成する申告書等の選択

今回は2か所給与の確定申告なので「所得税」をクリックします。

ステップ5 入力方法の選択

今回は2か所給与の確定申告なので「給与・年金の方」をクリックします。

ステップ6 必要書類の確認

先に書いたとおり、源泉徴収票を紛失した場合は勤務先に再発行を依頼して下さい。

ステップ7 生年月日

ここに記載した生年月日が確定申告書に印字されます。

ステップ8 収入・所得金額の入力

今回は2か所給与の確定申告なので「給与のみ」にチェックを入れます。

2か所給与の確定申告にチェックを入れます。

給与の横にある「入力する」ボタンをクリックします。

源泉徴収票の入力

2か所給与の確定申告書作成あたっての前提として下記の収入があると仮定します。

家族構成

配偶者:有
子ども:16歳と12歳

2か所給料の内訳

給料の源泉徴収票①
給料 2,400,000円
源泉所得税 100,000円
社会保険料 200,000円
生命保険料
旧一般 100,000円
新年金 100,000円
介護 80,000円
地震保険料 5,000円
住宅ローン控除 無

給料の源泉徴収票②
給料 1,000,000円
源泉所得税 100,000円
社会保険料 5,000円

1枚目の源泉徴収票の入力

最初は主たる給料(一般的には金額大きい方)の源泉徴収票から入力します。

以上を入力すれば1枚目の源泉徴収票入力が完了します。

2枚目の源泉徴収票の入力

以上を入力すれば2枚目の源泉徴収票の入力が完了です。

3枚目以上の源泉徴収票がある人は同じ要領で入力して下さい。

「次へ」をクリックすると下記のようなアナウンスが表示されます。

気にせずOKをクリックして下さい。

ステップ8 所得控除の入力

配偶者と扶養親族の入力に進みます。

16歳未満の扶養親族は所得税の控除対象ではありませんが、健康保険料や補助金を受ける時などに必要になることがあるので必ず入力しましょう。

16歳未満の扶養親族を入力すると下記のようなアナウンスが表示されます。

「次へ」をクリック

ステップ9 入力内容の確認

これで2か所給料の人の確定申告書作成入力の80%くらいが終わりました。

以下、入力の確認・訂正になります。

間違いが無ければ「次へ」をクリック

間違いが無ければ「次へ」をクリック

間違いが無ければ「次へ」をクリック

ステップ10 納付・還付金額の確認

納付・還付金額が表示されます。

ステップ11 住民税に関する事項の入力

間違いが無ければ「次へ」をクリック

ステップ12 住所・氏名等の入力

銀行名等を正式名称で間違えずに入力してください。 

電話番号は確定申告書等の内容について問題がある場合に連絡があるので繋がる番号を記載しましょう。(還付口座の記入間違いなど)

ステップ13 マイナンバーの入力

マイナンバーを入力しないで「次へ」をクリックすると下記のアナウンスが表示されます。

「キャンセル」をクリックすると先に進めます。

ステップ14 確定申告書の印刷(終了)

ステップ15 念のためにデータ保存

万が一の時のために入力データを保存することをお勧めします。

以上で2か所給料の人の確定申告書の作成は終了です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク