確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

勘定科目仕訳帳

取引先関係

工事の着手金や中間金を受取った勘定科目と仕訳例

工事の着手金や中間金を受取った勘定科目と仕訳例。

スポンサーリンク

工事の着手金や中間金を受取った勘定科目と仕訳例

大きな工事を受けることになりましたが予め材料費などのお金に使うために元請先が着手金を支払ってくれました。これはどのように仕訳をしたらいいですか?
着手金を受取った場合の勘定科目と仕訳について説明します。

内訳

  • 着手金 3,000,000円

工事の着手金や中間金を受取った勘定科目と仕訳例

借方科目 金額   貸方科目 金額
普通預金 3,000,000 前受金 3,000,000

着手金は前受金の勘定科目で仕訳します。

その他の勘定科目

着手金は前受金以外の勘定科目を使う事はありませんか?
前受金が一般的ですが、着手金という勘定科目を作っているところもあります。

その他の勘定科目

  • 前受金が一般的。

類似取引

  • 中間金
スポンサーリンク

-取引先関係
-

Copyright© 勘定科目仕訳帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.