確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

売掛金回収の勘定科目と仕訳(現金回収と手形回収)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

売掛金を現金と小切手と手形で回収したときの勘定科目と仕訳。

スポンサーリンク

売掛金回収の勘定科目と仕訳

売掛金を下記内容で回収した。

  • 現金回収 100,000
  • 小切手回収 200,000
  • 約束手形回収 1,000,000

売掛金回収の勘定科目と仕訳例

借方 貸方
現金 100,000 売掛金 1,300,000
小切手 200,000
受取手形 1,000,000

小切手の勘定科目を使わずに当座預金で仕訳するところもあります。

小切手の現金化の勘定科目と仕訳

小切手は銀行等で現金化してもらったときに下記のように仕訳します。

借方 貸方
当座預金 200,000 小切手 200,000

小切手を当座預金に入金した場合はこのように仕訳します。

受取手形の期日到来日の勘定科目と仕訳

受取手形は銀行等に預けることでその手形の支払期日が到来したときに当座預金等に入金されるので下記のように仕訳します。

借方 貸方
当座預金 1,000,000 受取手形 1,000,000
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク




キーワード検索すると該当する取引の勘定科目や仕訳がヒットします。