確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

勘定科目仕訳帳

取引先関係

支払報酬の源泉所得税の金額(消費税の記載がある場合とない場合)の勘定科目と仕訳例

支払報酬の源泉所得税の金額(消費税及び地方消費税の金額の記載がある場合とない場合)の勘定科目と仕訳例。

スポンサーリンク

支払報酬の源泉所得税の金額(消費税等の記載がある場合とない場合)の勘定科目と仕訳例

源泉所得税の対象になる報酬を支払いましたが、消費税等の記載の有無によって源泉所得税の金額に違いがあると聞きました。どのように仕訳したらいいのでしょうか。
請求書等に消費税及び地方消費税が明確に区分されているか否かによって源泉所得税の金額が違います。明確に区分されているというのは、消費税及び地方消費税の金額が明記されていることを言います。

内訳

  • 支払報酬 88,000円
  • 源泉所得税 8,000円

消費税及び地方消費税の金額の記載がある支払報酬の場合の勘定科目と仕訳例(内税方式)

  • 支払報酬 88,000円(内、消費税及び地方消費税8,000円)
  • 源泉所得税 8,000円
借方科目 金額   貸方科目 金額
支払報酬 88,000 現金 80,000
    預り金 8,000

本体部分と消費税等の金額を明確に区分している場合は、本体部分に対して税率を乗じて源泉所得税を徴収します。

消費税及び地方消費税の金額の記載がある支払報酬の場合の勘定科目と仕訳例(外税方式)

  • 支払報酬 80,000円
  • 消費税及び地方消費税 8,000円
  • 源泉所得税 8,000円
借方科目 金額   貸方科目 金額
支払報酬 88,000 現金 80,000
    預り金 8,000

本体部分と消費税等の金額を明確に区分している場合は、本体部分に対して税率を乗じて源泉所得税を徴収します。

消費税及び地方消費税の金額の記載が無い支払報酬の場合の勘定科目と仕訳例

  • 支払報酬 88,000円
  • 源泉所得税 8,000円
借方科目 金額   貸方科目 金額
支払報酬 88,000 現金 79,200
    預り金 8,800

本体部分と消費税等の金額を明確に区分されていない場合は、支払総額に対して税率を乗じて源泉所得税を徴収します。

消費税等の記載が無いと税金が高くなるのですね。
たしかに源泉所得税が高くなって損した気分になりますが、支払う人からすると業者に支払う金額と源泉所得税の合計は変わらないので、結局は同じなんですよね。それに相手業者も確定申告すれば源泉徴収された所得税は確定額と相殺されるので、実際には損も得もありません。
スポンサーリンク

-取引先関係
-

Copyright© 勘定科目仕訳帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.