確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

勘定科目仕訳帳

その他収入

3年前に売った商品の返品があった場合の仕訳と勘定科目

3年前に売った商品の返品があった場合の仕訳と勘定科目

スポンサーリンク

3年前に売った商品の返品があった場合の仕訳と勘定科目

3年前に販売した商品について不具合が見つかったので返品を受け付けることになりましたが、この仕訳はどうしたらいいの?
過年度の返品の処理だね。過年度であっても基本的には通常の返品処理と同じように仕訳します。

内訳

  • 商品売上 10,000円
  • 返品商品 1,000円

商品を販売した時の仕訳

借方科目 金額   貸方科目 金額
売掛金 10,000 売上高 10,000

商品を販売した時はこのように仕訳します。

販売した商品の返品があった場合の仕訳と勘定科目

借方科目 金額   貸方科目 金額
売上高 1,000 売掛金 1,000

このように販売した商品の返品があった場合は、借方に売上高、貸方に売掛金で仕訳します。

通常の返品の仕訳と全く同じなんですね。
基本的には同じですが、注意するのは消費税かな。販売時に消費税率が8%だと、返品時の消費税率が10%であっても返品商品の消費税は8%で仕訳しないといけないんだよ。

スポンサーリンク

-その他収入
-,

Copyright© 勘定科目仕訳帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.