確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

勘定科目仕訳帳

その他収入

販売した商品の返品があった場合の仕訳と勘定科目

販売した商品の返品があった場合の仕訳と勘定科目

スポンサーリンク

販売した商品の返品があった場合の仕訳と勘定科目

販売して売上計上した後に、商品の返品があったけど、この仕訳はどうしたらいいの?
返品は残念だけど実務上ではよるあることだよね。返品には色々なものがあるけど、今回はシンプルなパターンを説明します。

内訳

  • 商品売上 10,000円
  • 返品商品 1,000円

商品を販売した時の仕訳

借方科目 金額   貸方科目 金額
売掛金 10,000 売上高 10,000

商品を販売した時はこのように仕訳します。

販売した商品の返品があった場合の仕訳と勘定科目

借方科目 金額   貸方科目 金額
売上高 1,000 売掛金 1,000

このように販売した商品の返品があった場合は、借方に売上高、貸方に売掛金で仕訳します。

値引や割戻のように別の勘定科目で仕訳しないんですね。
売上返品という勘定科目を作って管理しても良いですけど、見たことはないですね。売上高から直接控除するのが一般的じゃないでしょうか。
スポンサーリンク

-その他収入
-,

Copyright© 勘定科目仕訳帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.