確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

社会保険料の支払いが遅れた場合の勘定科目と仕訳例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

会社の社会保険料の支払いが遅れてしまい、後日支払った場合の勘定科目と仕訳例。

スポンサーリンク

社会保険料の支払いが遅れた場合の勘定科目と仕訳例

社会保険料の支払いが遅れてしまった。

  • 社会保険料総額 120,000円(内、従業員からの預り金59,000円)

社会保険料の支払いが遅れた場合の勘定科目と仕訳例

借方科目金額貸方科目金額
法定福利費61,000未払費用61,000

社会保険料の支払いが遅れてしまった場合は会社負担分を貸方に未払費用の勘定科目で仕訳します。

社会保険料を遅れて支払った勘定科目と仕訳例

借方科目金額貸方科目金額
未払費用61,000 現金120,000
預り金59,000

遅れて支払った社会保険料の支払いは遅れた時に計上した未払費用を借方にして仕訳します。

その他の勘定科目

社会保険料の支払い遅れは未払費用の他、次の勘定科目で仕訳します。

  • 未払金
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク




キーワード検索すると該当する取引の勘定科目や仕訳がヒットします。