確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

買掛金支払いの勘定科目と仕訳(現金払いと手形払い)

買掛金を現金で支払った場合と手形や小切手を振出した場合の勘定科目と仕訳。 (さらに…)…

現金仕入と掛仕入の勘定科目と仕訳

商品や製品等を仕入れ、又は役務の提供を受けたときの勘定科目と仕訳。 (さらに…)…

安全協力会費の勘定科目と仕訳

作業現場等での作業員の万が一の事態に備えて、発注元事業所が作業場について損害保険等に加入していることがあり、その費用の一部を発注先事業者に負担してもらうように求められることがあります。 (さらに…)…

売掛金の貸倒れの勘定科目と仕訳

取引先の倒産等により売掛金が貸し倒れたときの勘定科目と仕訳。 (さらに…)…

売掛金の早期決済による値引の勘定科目と仕訳

売掛金を早期に決済してもらったことで値引をすることがあります。 (さらに…)…

売掛金回収の勘定科目と仕訳(振込手数料相殺)

売掛金の振込時に振込手数料を相殺して入金されたときの勘定科目と仕訳。 (さらに…)…

売掛金回収の勘定科目と仕訳(現金回収と手形回収)

売掛金を現金と小切手と手形で回収したときの勘定科目と仕訳。 (さらに…)…

銀行の新規借入れの勘定科目と仕訳

銀行や地銀、信用金庫、信用組合等で新規に借入れを行ったときの仕訳と勘定科目。保証協会付融資の勘定科目と仕訳。 (さらに…)…

車を現金で買った勘定科目と仕訳

新車・中古車など車を現金で買ったときの勘定科目と仕訳。 (さらに…)…

現金売上・掛売上の勘定科目と仕訳

商品や製品等を販売、又は役務の提供をしたときの勘定科目と仕訳。 (さらに…)…

スポンサーリンク

キーワード検索すると該当する取引の勘定科目や仕訳がヒットします。