確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

従業員の給料を多く支払って後日返金された場合の勘定科目と仕訳例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

従業員の給料を間違えて多く振り込んでしまい、後日返金を受けた場合の勘定科目と仕訳例。

スポンサーリンク

従業員の給料を多く支払って後日返金された場合の勘定科目と仕訳例

従業員の給料

  • 給料支給額 200,000円(本来は150,000円)

従業員の給料を多く支払って後日返金された場合の勘定科目と仕訳例

借方科目金額貸方科目金額
給料手当150,000普通預金200,000
前渡金50,000

従業員の給料を多く支払ってしまった場合の仕訳は過払分を前渡金で仕訳します。

過払いした給料の返金を受けた場合の勘定科目と仕訳例

借方科目金額貸方科目金額
現金50,000前渡金50,000

払い忘れた給料を支払った場合は借方に未払費用で仕訳します。

その他の勘定科目

従業員の給料を過払いしてしまった場合の勘定科目は前払金の他、次の勘定科目が使われています。

  • 前払費用
  • 仮払金 など
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク