確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

食器を買った勘定科目と仕訳 個人事業の飲食店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

個人事業を営む飲食店がお皿やお椀、コップや湯のみなどの食器を購入した勘定科目と仕訳。

スポンサーリンク

食器を買った場合の勘定科目と仕訳

下記内容の食器を現金で購入した。

  • お皿 200枚 60,000
  • コップ 100個 20,000

食器を買った場合の勘定科目と仕訳例

借方 貸方
消耗品費 80,000 現金 80,000

単価が税込10万円以上の食器は資産計上し、所定の耐用年数で減価償却して費用処理します。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク




キーワード検索すると該当する取引の勘定科目や仕訳がヒットします。