確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

値引きをした場合の勘定科目と仕訳 個人事業の飲食店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

個人事業を営む飲食店の飲食代金の一部を値引きした場合の勘定科目と仕訳。

スポンサーリンク

飲食店の値引きをした場合の勘定科目と仕訳

飲食代金5,000円から500円の値引きをした。

  • 飲食代金 5,000
  • 値引き 500

飲食店の値引きをした場合の勘定科目と仕訳例

借方 貸方
現金 4,500 売上高 5,000
売上値引 500

値引きをした場合には売上値引の勘定科目で仕訳するか、値引き後の金額を売上高として仕訳します。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク




キーワード検索すると該当する取引の勘定科目や仕訳がヒットします。