確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

勘定科目仕訳帳

飲食店の売上関係

クレジットで売上げした場合の勘定科目と仕訳 個人事業の飲食店

個人事業を営む飲食店の飲食代金をクレジットで売上げた場合の勘定科目と仕訳。

スポンサーリンク

飲食店のクレジット売上げの勘定科目と仕訳

飲食代金5,000円をクレジットで売上げた。

  • 飲食代金 5,000
  • クレジット手数料 500

飲食店のクレジット売上げの勘定科目と仕訳例

クレジット売上げ時

借方 貸方
売掛金 5,000 売上高 5,000

クレジット売上げなので勘定科目は売掛金と売上高で仕訳します。

クレジット売上げの入金日

クレジット会社から手数料を引かれて入金があった。

借方 貸方
普通預金 4,500 売掛金 5,000
支払手数料 500

クレジット手数料は支払手数料の勘定科目で仕訳します。

スポンサーリンク

-飲食店の売上関係
-, , ,

Copyright© 勘定科目仕訳帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.