勘定科目仕訳帳

確定申告の決算書を作成するにあたって仕訳と勘定科目の知識は必須です。この取引はどういった勘定科目を使用するのか、この勘定科目はどういった時に使用するのか等、勘定科目や仕訳について。

*

クレジットで売上げした場合の勘定科目と仕訳 個人事業の飲食店

個人事業を営む飲食店の飲食代金をクレジットで売上げた場合の勘定科目と仕訳。

スポンサーリンク

飲食店のクレジット売上げの勘定科目と仕訳

飲食代金5,000円をクレジットで売上げた。

  • 飲食代金 5,000
  • クレジット手数料 500

飲食店のクレジット売上げの勘定科目と仕訳例

クレジット売上げ時

借方 貸方
売掛金 5,000 売上高 5,000

クレジット売上げなので勘定科目は売掛金と売上高で仕訳します。

クレジット売上げの入金日

クレジット会社から手数料を引かれて入金があった。

借方 貸方
普通預金 4,500 売掛金 5,000
支払手数料 500

クレジット手数料は支払手数料の勘定科目で仕訳します。

 - 飲食店の売上関係 , , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク




  関連記事

値引きをした場合の勘定科目と仕訳 個人事業の飲食店

個人事業を営む飲食店の飲食代金の一部を値引きした場合の勘定科目と仕訳。

割引クーポンを使用した場合の勘定科目と仕訳 個人事業の飲食店

個人事業を営む飲食店がホットペッパーやぐるナビクーポン等を使用した場合の勘定科目 …

ツケで売上げた場合の勘定科目と仕訳 個人事業の飲食店

個人事業を営む飲食店の飲食代金をツケで売上げた場合の勘定科目と仕訳。

現金売上げの勘定科目と仕訳 個人事業の飲食店

個人事業を営む飲食店の飲食代金を現金で受け取った場合の勘定科目と仕訳。