確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

消費税を支払った勘定科目と仕訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中間申告による消費税、確定申告による消費税を支払った場合の仕訳と勘定科目。消費税納税の仕訳は税込経理・税抜経理のいずれを採用しているかで仕訳処理が異なります。

スポンサーリンク

消費税を支払った勘定科目と仕訳

会社の消費税を支払った。

  • 確定消費税 300,000

消費税を支払った勘定科目と仕訳例

税込経理を採用している場合

借方 貸方
租税公課 300,000 現金 300,000

税込経理を採用している場合は消費税の納税額は租税公課の勘定科目で仕訳します。

税抜経理を採用している場合

借方 貸方
仮受消費税 300,000 現金 300,000

税抜経理を採用している場合で納税額が生じるときは一般的に仮受消費税の残があるため、仮受消費税の勘定科目で仕訳します。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク




キーワード検索すると該当する取引の勘定科目や仕訳がヒットします。