確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

ipadの勘定科目と仕訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

仕事用のipadアイパットを購入した場合の勘定科目と仕訳。

スポンサーリンク

仕事用のipadを買った勘定科目と仕訳

ipadを現金で購入した。

  • ipad1台 80,000

仕事用のipadを買った勘定科目と仕訳例

借方 貸方
消耗品費 80,000 現金 80,000

ipadが税込10万円未満であれば消耗品等の勘定科目で仕訳します。ipadのスペック等によって税込10万円以上のものがありますが、そのようなものについては工具器具備品の勘定科目で仕訳します。

その他の勘定科目

ipadは消耗品費の他、次の勘定科目が使われています。

  • 事務用品費
  • 通信費
  • 工具器具備品(税込10万円以上の場合) など

一般的には消耗品費の勘定科目を使用します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク