確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

給料から社員旅行の積立をする場合の勘定科目と仕訳例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

会社で毎年社員旅行等をしているところで、毎月の給料から社員旅行代の積立をする場合の勘定科目と仕訳例。

給料から社員旅行の積立をする場合の勘定科目と仕訳例

給料支払い時の勘定科目と仕訳例

給料の内訳。

  • 給料 300,000円
  • 社会保険料 45,000円
  • 源泉所得税・住民税 20,000円
  • 社員旅行積立金 5,000円

スポンサーリンク

給料支払い時の勘定科目と仕訳例

借方科目 金額   貸方科目 金額
給料手当 300,000 現金 230,000
    預り金 70,000

社員旅行積立金は源泉所得税と同じように預り金で仕訳します。

社員旅行で社員旅行積立金を使った場合の勘定科目と仕訳例

社員旅行の内訳。

  • 社員旅行費用 500,000円
  • 社員旅行積立金の取崩し 250,000円

社員旅行費用を支払った時の勘定科目と仕訳例

借方科目 金額   貸方科目 金額
福利厚生費 250,000 現金 500,000
預り金 250,000      

社員旅行積立金の取崩額を借方に預り金で仕訳して、残額を福利厚生費で仕訳します。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク




キーワード検索すると該当する取引の勘定科目や仕訳がヒットします。