確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

応接セット購入費用の勘定科目と仕訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

会社の応接セットを購入した場合の勘定科目と仕訳。

スポンサーリンク

応接セット購入費用の勘定科目と仕訳

応接セットを購入した。

  • 応接セット 200,000

応接セット購入費用の勘定科目と仕訳例

借方 貸方
工具器具備品 200,000 現金 200,000

応接セットの総額が10万円未満であれば消耗品費で仕訳処理します。なお、イスと机などをバラで購入した場合であっても使用実態が応接セットである場合は総額で資産計上するか否かを判断します。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク




キーワード検索すると該当する取引の勘定科目や仕訳がヒットします。