確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

勘定科目仕訳帳

取引先関係

懇親会の会費を徴収した場合の仕訳と勘定科目

取引先との懇親会費の一部を参加者から会費として負担してもらった場合の仕訳と勘定科目

スポンサーリンク

懇親会の会費を徴収した場合の仕訳と勘定科目

取引先と懇親会をしましたが、一部を参加者に会費として負担してもらってお金を徴収しました。これってどうやって仕訳するの?
懇親会費の一部負担があった時の仕訳処理だね。

内訳

  • 懇親会費 100,000円
  • 会費徴収額 70,000円

懇親会の会費を徴収した場合の仕訳と勘定科目

借方科目 金額   貸方科目 金額
現金 70,000 預り金 70,000

懇親会費を預った場合は預り金で仕訳します。

懇親会の費用を支払った場合の仕訳と勘定科目

借方科目 金額   貸方科目 金額
交際費 30,000 現金 100,000
預り金 70,000    

取引先との懇親会なので、預った懇親会費と実際の懇親会費の差額を交際費で仕訳します。

その他の勘定科目

会費を預った時は預り金以外の勘定科目は使わないの?
一般的なのが預り金ですが、預り金は源泉所得税などを計上するので、それと混ざるのが嫌な人は仮受金や前受金などで仕訳しても良いと思います。

その他の勘定科目

  • 仮受金
  • 前受金
  • 仮払金
  • 立替金
スポンサーリンク

-取引先関係
-,

Copyright© 勘定科目仕訳帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.