確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

コピー機の勘定科目と仕訳例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

会社のコピー機の勘定科目と仕訳例。

スポンサーリンク

コピー機の勘定科目と仕訳

コピー機の購入代金を普通預金から支払った。

  • コピー機 90,000

10万円未満のコピー機の勘定科目と仕訳例

借方 貸方
事務用品費 90,000 普通預金 90,000

付随費用を含めて税込10万円未満のコピー機は事務用品費の勘定科目で仕訳します。

その他の勘定科目

付随費用を含めて税込10万円未満のコピー機は事務用品費の他次の勘定科目が使われています。

  • 消耗品費 など

10万円以上のコピー機の勘定科目と仕訳例

借方 貸方
工具器具備品 200,000 普通預金 200,000

付随費用を含めて税込10万円以上のコピー機は工具器具備品の勘定科目で仕訳します。

その他の勘定科目

付随費用を含めて税込10万円以上のコピー機は工具器具備品の勘定科目以外は使いません。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク