確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

実用新案権

実用新案権は、物品の形状、構造、組み合わせに係る考案を独占排他的に実施する権利であり、この権利を取得するために要した費用を計上する勘定科目です。なお、実用新案権は5年間で均等償却します。

スポンサーリンク

表示箇所

貸借対照表:無形固定資産

仕訳例

実用新案権を取得した。

借方 貸方
実用新案権 1,000,000 普通預金 1,000,000

具体例

  1. 実用新案権取得のために要した研究費
  2. 実用新案権の取得に要した付随費用

スポンサーリンク

スポンサーリンク