勘定科目仕訳帳

確定申告の決算書を作成するにあたって仕訳と勘定科目の知識は必須です。この取引はどういった勘定科目を使用するのか、この勘定科目はどういった時に使用するのか等、勘定科目や仕訳について。

*

工具器具備品

工具器具備品とは、取得価額10万円以上、耐用年数1年以上の工具及び器具備品であり、事業の用に供するために所有し、かつ、減価償却の対象になる資産を計上する勘定科目です。

スポンサーリンク

表示箇所

貸借対照表:有形固定資産

仕訳例

パソコンを購入した。

借方 貸方
工具器具備品 200,000 普通預金 200,000

具体例

  1. 椅子
  2. 歯科治療用の椅子
  3. 劇場用観客椅子
  4. 移動式トイレ
  5. 鋳型
  6. 映写機
  7. 応接セット
  8. カーペット
  9. カメラ
  10. カラオケ等の音響機器
  11. 計量器
  12. 貨幣計算機
  13. キャビネット
  14. 気球
  15. 金庫
  16. 救命袋
  17. 漁具
  18. 漁網
  19. 空気清浄機
  20. 組み立て式プール
  21. 車椅子
  22. ゲージ
  23. ゴルフセット
  24. 光学検査機器
  25. 光学読取装置
  26. 自動宛名印刷装置
  27. サーバー
  28. シュレッダー
  29. 絨毯(じゅうたん)
  30. 自動販売機
  31. ストーブ
  32. 脱水機
  33. テレビ会議装置
  34. デジタルカメラ
  35. 冷蔵庫
  36. 電話
  37. 時計
  38. 生ゴミ処理機
  39. ボンベ
  40. 防犯カメラ
  41. ミシン
  42. ラジオ
  43. 冷房機器
  44. ロッカー など

スポンサーリンク