確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

火災損失

火災損失は建物や機械装置等の有形固定資産が火災により滅失した場合にその帳簿価額の減少額を計上する勘定科目です。

スポンサーリンク

表示箇所

損益計算書:特別損失

仕訳例

機械装置(取得価額500,000円、減価償却累計額100,000円)が火災により滅失した。

借方 貸方
減価償却累計額 100,000 機械装置 500,000
火災損失 400,000

具体例

  1. 建物、建物付属設備、構築物、機械装置、工具器具備品、車両運搬具等の有形固定資産の火災による滅失製品不良による値引き

スポンサーリンク

スポンサーリンク