確定申告をするための勘定科目と仕訳例をわかりやすく解説。

保険積立金

保険積立金は、会社が契約者と受取人である場合の生命保険で積立部分を計上する勘定科目です。

スポンサーリンク

表示箇所

貸借対照表:投資その他の資産

仕訳例

積立タイプの生命保険を現金で支払った。

借方 貸方
保険積立金 100,000 現金 100,000

具体例

  1. 積立タイプの生命保険料
  2. 一部積立タイプの生命保険料の積立部分

生命保険を解約した場合に、積立金額より大きい金額が返ってきたときは雑収入(①)、少なければ雑損失(②)になります。

①積立金額<解約返戻金

借方 貸方
現金 120,000 保険積立金 100,000
雑収入 20,000

②積立金額>解約返戻金

借方 貸方
現金 80,000 保険積立金 100,000
 雑損失  20,000

スポンサーリンク

スポンサーリンク