勘定科目仕訳帳
 確定申告の決算書を作成するにあたって仕訳と勘定科目の知識は必須です。この取引はどういった勘定科目を使用するのか、この勘定科目はどういった時に使用するのか等、勘定科目や仕訳についてわかりやすく紹介していきます。

勘定科目仕訳帳

 この取引はどういった勘定科目を使用するのか、この勘定科目はどういった時に使用するのか等、勘定科目や仕訳についてわかりやすく紹介していきます。
貸借対照表の勘定科目
流動資産 流動負債
小口現金、小切手、普通預金、当座預金、売掛金、受取手形、不渡手形、有価証券、貯蔵品、短期貸付金、未収入金、仮払金、仮払消費税、前払費用、立替金
流動資産一覧 >>
買掛金、支払手形、仮受金、仮受消費税、預り金、前受金、前受収益、未払金、未払費用、短期借入金、裏書手形、割引手形
流動負債一覧 >>
有形固定資産
建物、建物付属設備、構築物、機械装置、車両運搬具、工具器具備品、土地、建設仮勘定
有形固定資産一覧 >>
無形固定資産
特許権、実用新案権、意匠権、商標権
無形固定資産一覧 >>
投資その他の資産 固定負債
差入保証金、出資金、敷金、長期貸付金、長期前払費用、投資有価証券、保険積立金
投資その他の資産一覧 >>
長期借入金、長期未払金、退職給付引当金
固定負債一覧 >>
繰延資産 純資産
開業費、開発費、創立費
繰延資産一覧 >>
 
損益計算書の表示順
販売費及び一般管理費
会議費、外注費、貸倒引当金繰入、給料手当、減価償却費、広告宣伝費、交際費、採用教育費、雑給、支払手数料、支払報酬、支払保険料、事務用品費、車両関係費、修繕費、消耗品費、賞与、諸会費新聞図書費、水道光熱費、租税公課、退職金、地代家賃、賃借料、通勤費、通信費、荷造運賃発送費、販売促進費、福利厚生費、法定福利費、役員報酬、リース料、旅費交通費、雑費
販売費及び一般管理費 一覧 >>
営業外収益
受取配当金、受取利息、有価証券売却益、仕入割引、雑収入
営業外収益 一覧 >>
営業外費用
支払利息、手形売却損、有価証券売却損、売上割引、雑損失
営業外費用 一覧 >>
特別利益
固定資産売却益、債務免除益、雑収入
特別利益 一覧 >>
特別損失
火災損失、固定資産売却損、固定資産除却損、貸倒損失、雑損失
特別損失 一覧 >>

貸借対照表 あいうえお順

あ行 は行
預り金
預け金
意匠権
受取手形
売掛金
裏書手形
普通預金
不渡手形
保険積立金
か行 ま行
買掛金
開業費
開発費
貸倒引当金
仮受金
仮受消費税
仮払金
仮払消費税
機械装置
減価償却累計額
建設仮勘定
工具器具備品
構築物
小切手
小口現金
前受金
前受収益
前払費用
未収入金
未払金
未払費用
さ行 や行
差入保証金
雑収入
雑損失
雑費
敷金
事業主貸
事業主借
支払手形
実用新案権
車両運搬具
出資金
商標権
諸口(複合)
創立費
有価証券
た行 ら行
立替金
建物
建物付属設備
短期貸付金
短期借入金
長期貸付金
長期借入金
長期前払費用
長期未払金
貯蔵品
当座預金
投資有価証券
特許権
土地
 
な行 わ行
割引手形

損益計算書 あいうえお順

あ行 は行
受取配当金
受取利息
売上値引
売上割引
売上割戻
販売促進費
福利厚生費
法定福利費
か行 や行
会議費
外注費
火災損失
貸倒損失
貸倒引当金繰入
給料手当
減価償却費
広告宣伝費
交際費
固定資産除却損
固定資産売却益
固定資産売却損
役員報酬
有価証券売却益
有価証券売却損
さ行 ら行
採用教育費
債務免除益
雑給
仕入値引
仕入割引
仕入割戻
支払手数料
支払報酬
支払保険料
支払利息
事務用品費
車両関係費
修繕費
消耗品費
賞与
諸会費
新聞図書費
水道光熱費
租税公課
リース料
旅費交通費
た行
退職金
地代家賃
賃借料
通勤費
通信費
手形売却損
な行
荷造運賃発送費
各種取引の仕訳例
仕訳例
個人事業主の確定申告について
個人事業主の確定申告
 飲食店業の勘定科目と仕訳

基本的に勘定科目名は何でも良い

 勘定科目は、「その内容を示す適当な科目で表示すればよい」となっています。一定のルールはありますが、基本的には、会社で管理しやすい勘定科目を使用して良いのです。
 
 一定のルールとは、他の人が見ても勘定科目の内容を勘違いしないような名前であれば大丈夫という程度のルールです。売上を集計する勘定科目を交際費や給料手当と名付けたりすると、外部の人はその勘定科目(交際費や給料手当)を見ても売上を集計している勘定科目とは思いません。そういった他人を困惑させるような勘定科目名でなければ、大丈夫です。
 
 例えば、車のタイヤを購入したとします。そのタイヤ購入費用を車両関係費で処理するか、消耗品費で処理するかは会社の自由です。会社がどのように集計したいかによって決めて良いのです。車両関係費に含めたければ車両関係費で良いですし、消耗品費に含めたければ消耗品費で良いのです。ただし、「今年は車両関係費で来年は消耗品費」といったように気分によって変えるのは良くありません。あくまで他人がその勘定科目を見て「この勘定科目にはタイヤ費用が含まれているんだな。」と分からなければいけません。
 
TOP
Copyright (C) 2011 勘定科目仕訳帳 All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載などを禁じます。】